キャッシングするときに総量規制をどれぐらい知っておくべき?

キャッシングをするときは、借入できる上限として総量規制を知っておくべきでしょう。
年収の3分の1を借入できる上限とするのが総量規制であり、銀行業務を行っていない金融機関のローンが対象となります。
こうした業者をノンバンクと呼んでおり、消費者金融やクレジットカード会社などが該当します。
銀行の場合は総量規制の対象外となるため、消費者金融で借りられない場合も借入できる可能性があります。

総量規制の知識として抑えておきたいのは、ノンバンクの多目的ローンのみが該当することです。
総量規制と言われているものではない融資のキャッシングやカードローン、フリーローンなどが対象となり、おまとめ専用ローンは対象外になります。
おまとめ専用の場合は用途が決定しており、キャッシングのように多目的ローンには該当しません。
おまとめローンは目的ローンに属し、自動車ローンや教育ローンなどと同じ扱いになっています。

消費者金融のキャッシングを利用する方は、借入件数・借入総額も把握しておきましょう。
借入総額はこれから借りる業者も含めて、年収の3分の1以内に抑えておく必要があります。
自身の前年度の税込年収を3で割ると、借入できる上限額がわかります。
年収300万円なら100万円までしか借りることができないので、契約中のローンと新規ローンを含めてこの範囲に抑える必要があるのです。
消費者金融からこれ以上追加融資を受けられない場合は、銀行や信用金庫のキャッシングを検討することになります。